残業なんかに負けない!

残業が多い職場の特徴

あなたも当てはまる?残業が多い職はコレ

あなたも当てはまる?残業が多い職はコレ

Pocket
[`evernote` not found]

仕事によって変わる負担

つらい残業の無い生活を送ろうと思った場合、自分自身の仕事の仕方や仕事仲間との関わり方を見直すことも大切ですが、それ以上にどこで働くかも重要になります。仕事によっては業界の構造的に残業をせざるをえないというような場合もありますし、経営者が長時間労働を美徳としているような職場も存在します。大切なことは、入社してからでは簡単に状況を変えられないので、入社前にきちんと情報収集をしておくことです。まず今回はどういった業界の職業が残業が多くなってしまいがちなのか、またそうした職業はどうして残業が多くなってしまうのかについての理解を深めましょう。

飲食やサービス

まず残業の多い仕事の筆頭は飲食店などの外食産業や、アパレル販売などのサービス業と言って良いでしょう。どちらもお客様の来店あっての商売ですので、店舗を長時間開けておけば開けておくほどビジネス上は有利に進みます。むしろ毎月の家賃などの固定費に変化が生じない分、短い時間しか営業しなければその分損をしてしまうと言えるでしょう。そのため経営者側には長時間お店を開けておくために従業員に残業を強いる動機が生まれてしまうのです。また日本はおもてなしの文化が大きいと言われていますが、お客様の側にはそうした文化的な背景から過剰なサービスを要求する方も大勢います。そうしたお客様の要望を満たしサービスを提供するために残業が発生してしまう側面もあるのです。

介護

介護に関する仕事も残業の多い仕事の筆頭と言って良く、その原因は介護業界の人材不足にあります。多くの方がご存知のように日本では今凄い勢いで社会の高齢化が進んでいますが、そうした高齢化の影響で介護サービスを提供する介護士の人数不足が生じてしまっているのです。また介護士は資格職のため、簡単に社会全体として供給を増やすこともできません。しかしそうは言っても介護は無くても構わないサービスではなく、生活に必須のサービスのため現時点で介護士として働いている人たちに負担が集中してしまっているのです。

デザイン

デザインの仕事にはWebの仕事から紙媒体のデザインの仕事、また広告制作などに関する分野までありますが、こうした仕事も残業の多い仕事です。それというのも、デザインは感性的な部分が大きい仕事ですので、制作物に対してどこまでいったら合格とされるのかの明確な基準がありません。そのためどこまでも力を注げてしまい、その上でライバルに打ち勝っていかなければならないので長時間労働になりやすく残業も多くなります。